スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

突破力(三五館)

民間企業にお勤めの方が高校の校長先生になられた話です。
この方は、日本を代表する電機メーカーの関連会社にお勤めの方で、
なんと社会人野球の日本代表だったそうです。
さらに仕事でも工場長をお勤めになり、会社の推薦で校長に転じられたとのこと。

よくもそんなキャリアの方が、校長(=公務員)になられたなと思います。
全く環境違いますよね、民間と公立高校では。

この本を読んで感じたのは、人を動かすのは、「人」なんだなということです。
理屈やその方のキャリア云々ではなく、その人の「人間力」が人をも動かすのだと思いました。

冷やかな先生もいるなか、キーマンを巻き込んで学校を変えていく、
そして何より、生徒からの信頼が厚い。

自分もこういう校長先生のいる学校に通ってみたかったと思います。
スポンサーサイト
2010-05-06(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

Katsuya

Author:Katsuya
大阪出身。
現在45歳のサラリーマンです。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。