スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

仕事ができる人はなぜトライアスロンに挑むのか?(マガジンハウス)

この本を読んでまず思ったことは、
「俺、トライアスロン、できるかも。」ということです。

トライアスロンの歴史や基礎的な練習法から大会情報まで書かれていますが、
トライアスロンにはまっている経営者の方々の体験談が興味深かったです。

複数種目を取り組むためにレース展開のみならず、
日常の練習においても戦略的な取り組みが必要になるということが
経営的視点と重なるのかして、
皆さん非常に楽しく意義深くトライアスロンに取り組んでらっしゃるようです。

ただ、それがとても方の力が抜けていていい感じなのです。
タイムにこだわる方もいれば、完走することを目標とされている方もいる。
それぞれのスタンスで楽しむ。それも仲間たちと。すばらしいなと思いました。
またマラソンと違って走るばかりではないので膝への負担も軽く、
長く続けれそうに思いました。うーんぜひ挑戦してみたい!マジでそう思ってます。

蛇足ですが、私が「トライアスロンやってみようかな。」と話した後に、
この本を机の上に置いてたのを家内が見て「トライアスロンに挑む人は、
事ができるってわけではないよね。」とちくりと一言。
スポンサーサイト
2010-11-28(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

Katsuya

Author:Katsuya
大阪出身。
現在45歳のサラリーマンです。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。