スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

孫正義リーダーのための意思決定の極意(光文社新書)

孫さんのことはメディアなどを通じて知っているだけで、
けっこう金の亡者的なイメージを持っていたが、
この本を読んで、この人は一本筋の通った方なんだと見直した。
この方はすごい人なんだなと思った。
事業を大きくしたとかしなかったとかということだけではなく、
彼の根底に流れる「志」、とてもすばらしい。
この1冊のみでそう思い込んでしまうのは、少し軽率なのかもしれないが、
ここでの聴衆(次期社長候補生)やり取りは、
彼がこれまで取り組んできた事業の重要な場面での意思決定プロセスである。
その事実を知って、自分も大いに触発された。
自分の取り組むべき人生事に邁進したいと思った次第である。
※ソフトバンクアカデミア特別講義

スポンサーサイト
2014-06-07(Sat)
 

権力を握る人の法則(日本経済新聞出版社)

権力を握った人、握れなかった人の実例から「権力を握る法則」を示している。

私の考えでは、「こうまでして(こうまで計算して)・・・」という風に思うのであるが、
結局、組織の底辺層にいる方々の方が早死にしている率が高い、などと書かれると
「同じ働くなら頑張ってみようかな・・・」とも思えるのである。

興味深かったのは、権力を握るための法則もさることながら、
権力から追われないようにするには・・・という観点の節であった。

最後にこの本でいう「権力」とは、もちろん社長などを対象にもしているのだが、
もっと身近なポジション「課長」や「プロジェクトマネージャー」なども対象となっている。
従って「権力を握る」=「場の中心となる」というように置き換えて読んでも面白いのではないかと思います。
2014-03-07(Fri)
 

マネジメント-基本と原則- <エッセンシャル版>(ダイヤモンド社)

まず、最初に一言。「この本絶対に読むべきです。」
社会人とか主婦とか大人とか子供とか(子供には難しいが・・・)関係なく、
読むべきだと思います。
「マネジメント」というタイトルがついているので社会人(特に管理職)が
読むと良い本のように感じられるかもしれませんが、
人間としての本質に迫っていると思います。

「誰が言っているのではなく、何を言っているのかに耳を傾けるべき。」だとか、
「部下に愛想よくしている人は逆に危ない。」とか、
「人に対して真摯に向き合うこと」の大切さを学べると思います。

本当にぜひご一読を!私も何回も何回も読みたいと思います。
2014-03-01(Sat)
 

5年後の日本をいま買う長期投資(産経新聞出版)

著者は自身でも投資信託会社を経営しており、
非常に人気のある投信だそうです。

さて本書の内容であるが、株式投資に関する一般的なテクニカルなことには触れられていない。
それよりも投資に対しての思想面での啓蒙書と見受けられる。
自分がこうなってほしいと思える将来の世の中で必要とされる会社に投資すること、
それこそが長期投資における銘柄選びの基本であると。

これまでの経済環境の振り返り(バブルの原因)など簡潔に書かれており、非常に分かりやすかった。
また、今後どうすれば景気回復できるかという内容については、
確かにそうだろうと思う部分と株式一辺倒(と仰っているわけでもないのだが・・・)
というのはちょっと違うのではないかと思った。
2014-02-22(Sat)
 

ゆるい生き方 ストレスフリーな人生を手に入れる60の習慣(大和書房)

「ゆるい生き方」っていうのでどんな生き方かと思ったら、
プライベートでは「楽しい」を基準に生きよう!
自分のやりたいように生きようと思ったら捨てねばならないこともあるよ、と。

確かにそうですよね。ビーサン・Tシャツで生活しようと思えば会えない人もいるでしょうね。

いろんな例が書かれていましたが、そういうスタンスで生きていくということが大事。
プライベートでは、せかせかするな、焦る必要など全くない。
この本の良いところは、著者が「ゆるい生き方」をしていて推奨しているが、
決して無理強いしていないところかと。

ただ、私にとっては自分に大事なものを残すとなると捨てるものも必要ということにとても共感しましたよ。
分かっていてもなかなかできないことですが、そういう生き方したいなと思いました。
2014-01-28(Tue)
 
プロフィール

Katsuya

Author:Katsuya
大阪出身。
現在45歳のサラリーマンです。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。